スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]クラルケン・オロスコのチャランゴ 

以前少しだけ紹介していた「クラルケン・オロスコ」のチャランゴの修理が
ようやく完了しました。
実はこのチャランゴは某楽器店で展示中に唐突にブリッジが飛んで表面板の
ほとんどを破壊してしまったのです。
原因は弦高が高かったのと表面板が薄すぎたものと思われます。
表面板はもちろん取替、指板は削り込んでオリジナルより全体の弦高を下げて
ブリッジ飛びの可能性を低くするとともに、弾きやすさも向上しています。
修理前の音を聴く機会がなかったので、私が手を加えたことで音質がどんな風に
変わったのか判断できないのですが、繊細さと力強さを兼ね備えた「オロスコらしさ」は
失われてはいないように思います。

2008-02-14No(013).jpg2008-02-14No(012).jpg2008-02-14No(022).jpg

もし、ご希望の方がおられましたらお譲りいたしますのでご連絡下さい。
品質保証、アフターサービスはインティ工房で責任を持っていたします。
価格応談です。市販されているオロスコよりお安くなると思いますので
お買い得だと思います。(営業モード、すみません)

全長:64cm
弦長:37cm

材質
ボディ:タルコ
表面板:ドイツ松
指板:黒檀
ブリッジ:黒檀

スポンサーサイト

コメント

そんなこともあるんですね

目の前でブリッジが飛んだらびっくりするだろうなぁ。
ちなみにこないだ僕が買ったチャランゴより高いですよね?

では(^_^)

希望価格書きます。

65,000円です。

修理品ですが元の楽器は「中古」ではありません。
私が感じたオリジナルの問題点は解消しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/91-45d17ee5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。