スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]指板加工の新兵器 

これ何だかわかりますか?
2007-12-22No(003).jpg


実は「西洋かんな」です。本体はダクタイル鋳鉄製でずっしりと重いですが、
木製のハンドルが手にしっかりとなじみます。
アメリカのLie-NielsenというメーカーのCabinet Maker's Scraper Plane
(キャビネット・メーカーズ・スクレーパー・プレイン)・・・長い名前ですなあ。
日本でいうところの「台直しかんな」で面をまっ平らに仕上げるのに使います。
なんと届いたそのままの状態で切れ味抜群!!

お値段は
本体$194.99
送料$41
合計$235.99

ちょっとお高いですがこれで作業効率大幅アップ!!かな?
来週から実戦投入です。
ああ、早く思い切り削りたい!
スポンサーサイト

コメント

削りたい!

お久しぶりです!
西洋カンナ、切れ味良さそうですね。

別件でメールします。

おおっ

確かにインティさんの右手です。
えっ、見るところがちがう!?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/88-b67420b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。