スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]チャランゴ?ビンディング取り付け 

ボリビアの有名な作者のチャランゴです。演奏者としても名高い人です。
表面板全壊のため取替です。オリジナルにあわせて「ドイツ松」を使用しました。
2007-11-13No(002).jpg

ドレメル395にStewart-MacDonaldのルーターベースとエッジガイドを
取り付けた状態。エッジガイドはチャランゴ用に改造しています。
2007-11-13No(003).jpg2007-11-13No(004).jpg

パーフリング(内側の飾り)は巾2.5mm×厚さ1.5mm
ビンディング(ローズウッド)は巾2.0mm×厚さ2.0mm
巾と深さを変えて2回に分けて彫り込みます。
2007-11-13No(005).jpg

作業完了後はこんな感じです。
2007-11-14No(001).jpg

しかし、チャランゴに「ドイツ松」や「アフリカ黒檀」を使うのは
どうなのかなぁ・・・という疑問がフツフツと沸いてまいります。

では、続きはまたの機会に・・・・。

スポンサーサイト

コメント

高価やろか...

白いチャランゴ、美しかねえー
きれいというより貴婦人のようだ。

>チャランゴに「ドイツ松」や「アフ リカ黒檀」を使うのは・・・

 そうだなあ~日本産の樹木では
 あかんの? インティどん
 ええ音色が出ないとかのデメリット でもあるんかな・・・

色付きの文字お久しぶりに書き込みさせて頂きます。
本当に綺麗ですね~^v-237

12月、1月のv-272ライブのご予定はありますか?
一度、是非拝見させて頂きたいです。。

気になるお値段は・・・

> koiさん

完成後ということで(^_^)

「ドイツ松」も「アフリカ黒檀」も弦楽器用の材料としては最高級といわれるものです。たしかに豊かな音色と高い品質を追求すればこの材料になると思います。
でも、なんとなく「高く売るため」に使っている職人が多いような気もします。
見た目に惑わされて中身を忘れてはいけません。って何の話でしょう?

日本の樹だけで作るのもいいかもしれませんね。いい材がみつかったら丸太で買って
自分で製材して十数年寝かせて・・、なんてことが出来ればいいのですが・・・。

>祥恵 さん

今年はタンタナクイとしては11月25日(日)の「第5回 吹田フォルクローレフェスタ」が最後になるかもしれません。また、来年がんばります(^_^;

場所:大阪市立青少年文化創造ステーション(KOKO PLAZA)
練習発表室「エクスプレス・ココ」
http://www.h4.dion.ne.jp/~el-cielo/suitafesta5.html

実は明日もライブがあるのですが・・・。
農園・杉五兵衛
http://homepage1.nifty.com/sugigohei/newpage1.html

はずかしいですが

↓このくだり、何のことだかわかりませんでした(^^;

>>ドレメル395にStewart-MacDonaldのルーターベースとエッジガイドを
>>取り付けた状態。エッジガイドはチャランゴ用に改造しています。

簡単でいいので説明いただけないでしょうか。

ドレメル395

つーじーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ああ、こんな文章だけじゃわからないですよね~、どうもすみません。
ドレメル395はいわゆるルーター(中継するものではありません)と
いわれるものです。
そのなかでもドレメル395はパワーが110Wと他のものに比べてかなり
強力で回転数が30000rpmまで無段階に調節可能です。

Stewart-MacDonaldはアメリカの楽器製作家向けの通販会社で
材料や工具、参考書などさまざまな物が入手可能です。
http://www.stewmac.com/

ドレメル395、ルーターベース、エッジガイドについては
↓こちらに素晴らしい解説がありますのでご参照下さい。
(横着して申し訳ないですが・・・)

弦楽器製作・修復・19世紀ギターのクレーンホームページ
弦楽器製作工具のコーナー
http://www.crane.gr.jp/Tools/Drill/DREMEL.html

木彫りやアルマジロのチャランゴはボディと表面板が直角ではなく
また場所によって角度が違うので、エッジガイドそのまま使うと
彫り込み幅が一定しなくなってしまいます。そのためガイドローラーを
カッター刃が当たっても大丈夫なように木製にして反対向けに
取り付けています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/83-3ef9f497

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。