スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマジロ大集合?! 

いったいうちにアルマジロは何匹いるんだろう?
と思ってあちこちから引っ張り出して数えてみました。
あずかりもの4匹をあわせて全部で11匹。
一匹だけなら何ともないけどこれだけまとまると
みんなで動き出しそうでちょっとこわいです。

2007-03-07No(012).jpg

このうちの何匹かお化粧直しして里子に出したいと思っています。
興味をお持ちの方はご連絡ください(^_^)

スポンサーサイト

コメント

そうですね。

実際に使われてるのを見たら、確かにあれは元は生き物だったってわかりますね、あるものを使うしかなかったけど、木とかではなく、動物とはね、でも三味線もそうですよね。昔は猫の皮でしたか?ちいがったかな?今は牛ですか?楽器の皮は?

うちのアルマンドも一匹持ってますね。
去年一度どっかに遊びに行きましたが、さすがに、こっちでアルマジロの飼い主といえば・・・。ってことですぐに戻ってきましたが・・・。

すげー

壮観ですね。
まめ虫の集団みたい。
一匹亀が混じってませんか?

あるまじろの大移動

甲羅の線?みたいなのは数決まってるんですかねぇ??
左の列の下から2番目のはカレイかある虫に見えます(><;)。

あるまじろはあのカーブと毛がチャームポイントですねぇ(-v-)☆

実はおいしい...らしいです。

>てんこさん
アルマジロも数が少なくなってきているので今は木彫りのチャランゴが主流に
なってます。もともとは中身を食べた後の廃物利用でした。
和太鼓の皮は牛さんですが、南米の太鼓(ボンボ)は山羊が多いようですね。

>くろぱぱさん
恥ずかしながら私もチャランゴを電車の網棚に置き忘れたことがあります。
駅に電話してどんな楽器かと尋ねられ、さすがにいきなりアルマジロの甲羅の・・・
とは言えませんでしたが。
でもアルマンドさんのアルマジロも無事に帰ってきて良かったですね。

>Qさん、愛ちゃん
左の下から2番目はアルマジロの甲羅とコンドルの胸の骨のハイブリッド?です。
おまけに悪魔みたいにつり上がった眼が象嵌されていてかなり不気味です。
アルマジロといってもものすごく種類があるみたいですね。
ボリビアでチャランゴに使われるのは同じ種類のようですけど。

生きてるのかと・・・

アルマジロって言うけん生きてるのかと思いきや、アルマジロの抜け殻利用の楽器やったんやね。
右側上からふたつ目のは縞が鮮明なのでヘビの皮かと見間違えてもうたよ。
この中で(これええな♪)と直感的に思うたのは左側の一番下だすわ。

へえ~アルマジロの肉って美味しいんだ...φ(。_。;)m

アルマジロの中に・・

カメムシが一匹
そう感じたのはワタシだけかと思いきや・・
何と@ikoちゃんも(笑)。

インティさん
全てのアルマジロをベランダに吊り下げて
ご近所さんの反応を確かめてください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/50-e48cf5f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。