スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャランゴ表面板の取替え-7(完成) 

塗装も完了したところでピックガードを取り付けます。
ボリビア製のチャランゴに使われているセルロイドは0.25mm厚ですが
これは国内では入手が難しく南米でも製造中止らしく品薄になっているそうです。
そんな折に東急ハンズで見つけた美しいパール模様のセルロイド。
厚みは1mmと南米の物とはかなり違いますが相対的に弦高も低くなるので
多少は弾きやすくなるのではないでしょうか?

まずはトレーシングペーパーに形を写し取ります。
2006-12-26No(004).jpg

両面テープでセルロイドに貼り付けてそのまま糸鋸でカットします。
2006-12-26No(007).jpg

ヤスリでかまぼこ型に角を落として成形し、
その後耐水ペーパーとコンパウンドで磨き上げます。
2006-12-28No(002).jpg

両面テープで貼り付けて出来上がり。
2006-12-28No(005).jpg

弦を張って作業完了!!
2006-12-28No(003).jpg

長らくのお付き合いありがとうございました。これからも少しづつですが作業状況を
アップしてゆきたいと思います。
皆さまのコメントやご質問、ご意見などお待ちしております。また、チャランゴの製作や
修理をされている方がおられましたら、ぜひ情報交換をさせていただきたく思います
のでお気軽にご連絡くださいませ。よろしくお願いいたしまーす。

スポンサーサイト

コメント

ほ~~~お!!

1ミリの厚さをかまぼこ型ですか?根気と手先の器用さが、要求されますね。私には絶対に「無理!!」な事柄です。
インティさん、尊敬!!

いや~

チャランゴのピックガードは直接、指先や爪が触れる部分なのでとにかく滑らかに仕上げなくてはいけなんです。でも、セルロイドは柔らかいので角を落とすのは簡単です。
ホントは私、さほど手先が器用なわけでもなく、あまり根気のある人間でもないんですよね~。切ったり、貼ったり、削ったり、磨いたりが好きなだけなんです。

完成おめでとう!!

すごぉ~い!
お疲れ様でした!!
しかと見せて頂きました。
自分の周りで、弦楽器で
困ってる人がいれば、
インティさんを紹介するねぇ~!!

注文しました!!

アマゾンの紹介を見て、一枚フォルクローレ注文しました。楽しみです、届く日が!!

しあわせもの

こんなにきれいにしてもらって・・・
しあわせもののチャランゴですねえ。。。
インティさんが直したキルキンチョのお師匠チャランゴ・・前、見せていただきましたが、みごとでした。。。

お別れ..

今日、このチャランゴ君は依頼主に返送しました。
作業しているうちに愛着が湧いてきて返したくないって気になって
なってくるのですが、そういうわけにもいかないので....。
これからも「自分で使ってみたくなる楽器」にしてオーナーにお渡しできることを
目標としてゆきたいと思っております。

久しぶりに来たら

完成してます。おつかれさまです

アノ方のアルマジロチャランゴはどうなりました??

また、来年もお世話になると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

アルマジロ君は

今、ピックガード作っております。
明日写真を撮ってアップしたいけど時間があるかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/39-75c6383c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。