スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマジロのチャランゴ再生-10 

塗装前に素地調整を行います。
凹みはパテ埋めをして小さな傷はサンドペーパーで削ります。
2006-11-29No(005).jpg

ネック部分は角ばって持ちにくかったので自然に手になじむように形を整えます。
2006-11-29No(007).jpg

そうそう、ポジションマークを付けるのを忘れていましたね。
白蝶貝の2mmのドットです。
2006-11-29No(010).jpg
2006-11-29No(011).jpg

塗装をはじめる前にシリコンリムーバーで汚れをふき取ります。
万一、シリコン・オイルやらコンパウンドなどシリコン系のものが
付着していたら塗装は失敗に終わりますので念のため。
2006-11-29No(012).jpg

作業は明日からですね?(^^;
(またまた続きます...)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/28-a9dc3275

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。