スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマジロのチャランゴ再生-6 

今日は表面板を貼りまーす。

今回はシトカ・スプルースを使います。ギター用の表面板材は通常3mm厚ですが、
私は注文時に2mm厚に挽いてもらっています。おかげで作業がかなり楽になりました。
入手先はアイチ木材さんです。
2006-11-15No(001).jpg

表面板裏側の力木、補強板、ブレーシングを貼った状態。
2006-11-15No(004).jpg

先週作ったロゼッタもはめ込みました。
2006-11-15No(003).jpg

ゴムベルトでぐるぐる巻き。(巻き方不揃いで恥ずかしいです)
2006-11-15No(008).jpg

ああ、まだまだ完成は遠いですね(どんどんとつづく)
スポンサーサイト

コメント

す、すごい…

すごぉ~~~いv-10
細かい作業!!
インティさんらしい
細やかさ!!
毎回感動しています。
何かあったら、絶対に
インティさんに頼むわ!!
友人で、弦楽器で困ってる人を
見つけても、インティさんを
売っときます
v-218

だまちゃん、コメントありがと。
いや~、ぜんぜん細かくないっす。
きっちりとした楽器を一から製作している方から
見ればなんとアバウトな作業でありましょうか(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/23-0f57f9fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。