スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマジロのチャランゴ再生-3 

糸巻きをGOTOHのマンドリン用に交換しようと思っていたのですが
微妙にピッチが違っていることが判明。これ以上穴を広げるのは
みっともないし、第一まっすぐに開けてくれていないし...。
仕方ないので全部の穴を丸棒で埋めて開け直すことにしました。
どうなりますことやら...。
2006-11-09No(001).jpg

ローズウッドでブリッジを製作しました。
卓上丸ノコ盤とヤスリを駆使して約1時間です。
あ、弦を通す穴あいてませんね。また明日です。
2006-11-09No(004).jpg

明日はサウンドホールの飾り(ロゼッタ)を作ります。
本体の表面板はたぶん来週ですねぇ。
(まだまだ続く...)
スポンサーサイト

コメント

インティさん、今晩は。
アルマジロのチャランゴの再生がまだあったのですね。それにしても糸巻きをGOTOHのマンドリン用に交換されるとは凄いです。チャランゴの糸巻きをマンドリン用に交換出来るとは、知りませんでした。(無知な質問でごめんなさい。)インティさんの職人ぶりが目に浮かびます。

アルマジロのチャランゴの再生まだまだ続きます(^_^)
GOTOHのマンドリン用糸巻きはどのチャランゴにも使えるというわけ
ではないんです。ピッチが23mmで最近のチャランゴは25mmなので合い
ません。今回のものは23.5mmと微妙に寸法が違ってましたが、錆だらけで
回りも良くないので交換することにしました。
ところでチャランゴは10弦、マンドリンは8弦、どうしましょ?
つづきはまた来週~?!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/20-ebb485b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。