スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]ペルー型チャランゴ 

ペルーのクスコの製作家Castilloのチャランゴです。
クラシックギターをそのまま小さくしたようなルックスはとっても愛らしいです。
本日オーナー様にお返しいたしました。
IMG_8678.jpg


フレット音痴がはなはだしいので指板取替えフレット打ち直しとなりました。
取り外した指板を重ねてみると・・・・。
うーん、これはいったい何を基準にフレットの寸法を決めてるんでしょうか?

IMG_8679.jpg

ヘッド部は縞黒檀の突板を貼り付けて再塗装。
上は加工前の突板です。塗装をするとぐっと高級感があがります。

IMG_8681.jpg

今回の楽器は金属弦仕様でした。エレキギターの弦を選定して張り替え。
ノーマル調弦(Am)でもOKですが、1音下げ(Gm)が落ち着いた感じで良いのではということになりました。

IMG_8684.jpg








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/196-5cb7ee7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。