スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャランゴ修理・改造 

今年の秋はタンタナクイの演奏が少なくてBlogの更新もかなり長い間をサボっておりました。今後は私が細々とやってきているインティ工房のチャランゴの修理・改造の写真もすこしづつアップしてゆこうと思います。
その第一弾は...

2006-10-25No(017).jpg

アドリアン・ビジャヌエバ作のチャランゴですがボディと表面板を破損したためこの機会に大幅な改造・更新を施しました。オーナーは女性でやや重く感じるということで思い切って金属製糸巻きを黒檀製バイオリン用ペグにしました。ネックも細めに削り押さえやすくしています。

2006-10-25No(008).jpg
バイオリン用ペグは専用の工具を使って仕上げていますので回転はきわめてスムースです。
扱いにくそうに感じますが馴れれば金属製糸巻きよりもスピーディな調弦が可能です。

2006-10-25No(007).jpg
表面板はギター用エンゲルマン・スプルースの高級グレードを使用しています。
ピックガードは最近セルロイドが入手できなくなったのでアワビ貝の薄板を使うことにしました。
恥ずかしながらロゼッタも当工房オリジナルです。(シンプルすぎ?)


2006-10-25No(021).jpg
ブリッジも黒檀で再製作しました。(元のものはあまり良い木を使っていなかったので...)

作業を始めると熱中してしまって写真を撮るのをつい忘れてしまいます。これからは作業中の写真もこまめに撮らなくてはいけませんね。


チャランゴの修理・改造についてのご相談もお待ちしております。お気軽にどうぞ。

スポンサーサイト

コメント

おお~

素敵なチャランゴですね。ふふふっ。

ああ~

返したくなくなってきました。

あまりの・・

仕上がりの良さに撫でまわしました。
どなたか存じませぬが持ち主の方
ごめんなさい。

次の練習の時に僕も・・

僕のチャランゴ表面版割れの修理もありがとうございました。この場をお借りして

弦が変わると音が大分と変わりました。
さらに精進せねば

先日、やっとインティさんにお会いでき、チャランゴを受け取りました。
最初は、調弦に少し時間がかかりましたが、
なれてくるとスムーズにできるようになりました。
以前のチャランゴよりもずっと弾きやすいです。
とても素敵に仕上げていただき、本当にありがとうございました。
大切にしたいと思います!!

ご依頼主様

意図的に先延ばししていたわけではないですが(笑)
お引渡しが遅くなって申し訳ありませんです。
まずはお気に召していただけて何よりでした。
木ペグは最初は違和感があるかもしれませんが、
なれると金属のギヤ式がとってもまどろっこしく
感じます。なんといっても軽いです。金属製より
100g以上は軽量化出来ます。
もしまた何か気になるところが出てきましたらご遠慮なく
ご相談くださいませ。
ありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/17-5b9c8ed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。