スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]アルマジロのロンロコ完成 

ようやくアルマジロのロンロコが完成しました。
(改修前の状態)

2010-07-22No(004).jpg 2010-07-22No(001).jpg
2010-07-22No(007).jpg 2010-07-22No(006).jpg

主な仕様
ボディ : アルマジロ
表面板 : ドイツ松
ネック:不明
指板 : ローズウッド
ブリッジ : 縞黒檀
糸巻き : GOTOH M120S/GG(改)  
塗装 : ラッカー

価格はお問い合わせください。

明日の芦屋でのMAYAコンサートに持ってゆきますので興味をお持ちの方は
お声がけ下さい。

ボリビア在住杉山氏によるとこのアルマジロは「キルキンチョ」とは呼ばないそうです。
(すみません、教えてもらったのに名前を失念いたしました)

追記:
杉山氏よりメールをいただきました。このアルマジロは「ペヘレイ」と呼ばれるものだそうです。
ベニやサンタクルスの熱帯に住んでいてキルキンチョよりも数が減ってきている
希少なアルマジロということです。

名前を聞いたときなんだか魚みたいな名前だなぁ、と思ったのは覚えていたのですが・・・。
そう、「ペヘレイ」でした。魚のペヘレイはチチカカ湖にもいっぱいいて、フライにすると
とってもおいしいです。




スポンサーサイト

コメント

修理完成、おめでとうございます。
なんだか雰囲気が変わりましたね。
すっきりスタイリッシュな感じがします。
材料のことは全然わからないのですが、
黒檀とか、なんだか立派な感じが…。

ステキな持ち主に出会えて、たくさんの人にいい音届くといいですね。

ありがとうございます。

>プニュプニュさん

コメントありがとうございます。
あいかわらずののろまな作業でえらく時間がかかってしまいましたが、
ようやく完成にこぎつけました。

楽器の修復で私がいつも心がけていることは
「自分自身が演奏で使ってみたいと思える楽器にする」ということです。
まだまだ技術的には未熟ですが、品質、価格ともにがっかりされるような
ものにはしたくないと思いつつ日々作業しております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。