スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]チャランゴKANATA1990年作 

KANATA(WALDO PANOZO)1990年作のチャランゴです。
阪神淡路大震災の時に壁から落ちて大破したものだそうです。
カサ・デ・ラ・パパの前田氏よりずいぶん前に預かっていたのですが
ようやく完成しました。

・ボディの割れ修復
・表面板取替(シトカスプルース)
・指板カンナがけ、フレット線取替
・弦巻新品に取替
・全体再塗装
2008-10-10No(003).jpg2008-10-10No(007).jpg

サウンドホール部分はオリジナルのものを新しい板に移植しました。
’90年製作ということで数字の「90」をデザインしているそうです。
(真中のF?はなんでしょうね?)
2008-10-10No(006).jpg 

背面の彫刻とボディ修復部分。
2008-10-10No(008).jpg 2008-10-10No(010).jpg

ご興味をお持ちの方はこの10月11?13日に福島県川俣町で開催される
「コスキン・エン・ハポン2008」会場のカサ・デ・ラ・パパのブースへどうぞ。
価格は前田氏とご相談ください。(インティ工房保証付)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tantanakuy.blog63.fc2.com/tb.php/121-06373e38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。