スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[演奏予定]五条山病院地域交流会 

久しぶりに4人揃っての演奏です。

日 時 : 平成20年10月25日(土) 13:00?16:00
       (タンタナクイは2時ごろのから予定)
場 所 : 北林厚生会 中庭及び社会復帰施設
       (Yahoo!地図)

post.jpg

上のポスターの写真をよくみると・・・・「MAYA」ですね。



スポンサーサイト

[YouTube]ケルト風スパニッシュ・ロック - Celtas Cortos  

フォルクローレではないですが・・・。
スペイン旅行中の車で聴いていたFM放送でよく流れていた曲を、
ようやくYouTubeで見つけ出しました。
Celtas Cortos (セルタス・コルトス)というロック・グループの
「20 de Abril」(4月20日)という曲。
歌はスペイン語なのになぜかアイリッシュ風のアレンジ。
はじめは違和感を覚えたのですが、スペイン北部はケルト文化が
色濃く残っているので音楽的にも共通のものがあるのでしょうね。

20 de Abril



こちらは最新アルバムに「40 de Abril」に収録されている曲。
今はこっちの曲がお気に入り。バイオリンとティン・ホイッスルのユニゾンのメロディが
美しいです。ボーカルのお兄さんはちょっと苦手な感じでしたけど慣れてきました。

Retales de una vida

[楽器修理]チャランゴKANATA1990年作 

KANATA(WALDO PANOZO)1990年作のチャランゴです。
阪神淡路大震災の時に壁から落ちて大破したものだそうです。
カサ・デ・ラ・パパの前田氏よりずいぶん前に預かっていたのですが
ようやく完成しました。

・ボディの割れ修復
・表面板取替(シトカスプルース)
・指板カンナがけ、フレット線取替
・弦巻新品に取替
・全体再塗装
2008-10-10No(003).jpg2008-10-10No(007).jpg

サウンドホール部分はオリジナルのものを新しい板に移植しました。
’90年製作ということで数字の「90」をデザインしているそうです。
(真中のF?はなんでしょうね?)
2008-10-10No(006).jpg 

背面の彫刻とボディ修復部分。
2008-10-10No(008).jpg 2008-10-10No(010).jpg

ご興味をお持ちの方はこの10月11?13日に福島県川俣町で開催される
「コスキン・エン・ハポン2008」会場のカサ・デ・ラ・パパのブースへどうぞ。
価格は前田氏とご相談ください。(インティ工房保証付)

[演奏記録]とやの物語2008 

少々時間が空いてしまいましたが、
9月20日、21日と新潟市中央区で開催された「とやの物語2008」に行ってまいりました。
今回は葦船の製作指導をされているNPO法人「カムナプロジェクト」さんからのお声がけで
葦笛(サンポーニャ)製作・演奏のレクチャーを行うというものです。

まず、20日土曜日は葦船の製作です。

滋賀県から運ばれてきた大量の葦(左)
違和感なく葦船職人と化しているケーナ奏者井上氏(右)
2008-09-20No(003).jpg 2008-09-20No(009).jpg

一般応募と地元の「山潟小学校」のグループに分かれて二艘製作します。
2008-09-20No(023).jpg 2008-09-20No(026).jpg
2008-09-20No(039).jpg 2008-09-20No(043).jpg

丸一日でほぼ完成です。ただの葦の束だったものがこんな立派な
船になりました。子供たちも大喜びです。
2008-09-20No(053).jpg 2008-09-20No(057).jpg

翌21日(日曜日)は命名式。
一般グループはは「アシピレックス号」
小学生グループは「山潟丸」となりました。
2008-09-21No(018).jpg

進水式の後、体験乗船会です。
なかなかの安定感で大人が4?5人乗っても大丈夫なようです。
2008-09-21No(042).jpg

お昼休みに私たちも楽器を持って乗船しました。
演奏しながら運河をゆっくり進みます。 
2008-09-21No(081).jpg

午後から葦笛教室。葦を使ってペンタトニックのサンポーニャ(アンタラ)を
作ります。製作と言っても井上氏が徹夜でセットした調律済み材料を
バーにセットして出来上がり。 演奏法のレクチャーに 時間をかけます。
2008-09-21No(088).jpg

いよいよ水上ステージでの演奏。
葦船に乗って演奏しながら颯爽と登場!?ですが、
こころなしかちょっと顔が引きつってますね。
天候の関係でメインのプログラムは屋内へ音響機器とともに移動してしまいました。
PAなしの演奏で客席までどの程度音が届いているかちょっと不安です。
2008-09-21No(101).jpg2008-09-21No(110).jpg

最後は葦笛教室の皆さんと一緒に「コンドルは飛んで行く」を演奏しました。
2008-09-21No(137).jpg

大三島の櫂伝馬レースとともに今年は「舟」に縁があるようです。
今回は葦船の製作工程をつぶさに見ることが出来てたいへん
勉強になりました。しかもその葦船の上で演奏するという
まず日本国内では考えられなかった体験をさせていただき
「カムナプロジェクト」さん、新潟市役所の皆さんに感謝です。
そして地元、新潟のフォルクローレ演奏家の方にも足を運んで
いただけてとても心強かったです。ありがとうございました。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。