スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[楽器修理]ペルー・マンドリンがやってきた 

ペルー・マンドリンの修理依頼を受けました。
南部の町アレキーパで作られたものです。
2008-02-18No(017).jpg

しっかりとした作りでなかなかいい響きなのですが・・・。
なんと表面板は短冊のような細い板を継ぎ合わせて作ったもので、
その数16枚!!南米では多少の継ぎはぎは良く見かける、
というかあたりまえなんですが、ここまで思い切った物は
私も初めて見ました。
その継ぎ合わせ部分が乾燥でひび割れてきたため
表面板を取り替えることとなりました。
2008-02-18No(010).jpg
あとはフレット打ち直し、指板も取替、
表面板に接着されてしまっているブリッジも再製作です。
ついでにピックアップも取付け予定です。
塗装もやり直してピカピカの新品同様にするつもりです。

2008-02-18No(020).jpg
私の所有しているクスコのカスティージョ製(左)と並べてみました。
同じペルー・マンドリンでも雰囲気がかなり違いますね。

2008-02-29No(002).jpg
とりあえず表面板外してみました。

(つづく・・・)

スポンサーサイト

[演奏記録]丹波ワインハウス  

なんと今年に入ってまだ4つ目の記事です

2月23日(土曜日)丹波ワインハウス レストラン
とりあえず写真だけでも・・・。

2008-02-23No(109).jpg2008-02-23No(146).jpg2008-02-23No(147).jpg

2008-02-23No(038).jpg2008-02-23No(110).jpg

2008-02-23No(115).jpg2008-02-23No(121).jpg
2008-02-23No(124).jpg2008-02-23No(129).jpg
いつもながらおいしいお料理を演奏者も一緒にいただきました。
ありがたや?。
2008-02-23No(117).jpg
赤ワインを豪快に飲み干す@ikoちゃん。(実はぶどうジュース)
2008-02-23No(148).jpg
演奏終わって車に荷物を積む頃には雪が本降りになっておりました。

[楽器修理]クラルケン・オロスコのチャランゴ 

以前少しだけ紹介していた「クラルケン・オロスコ」のチャランゴの修理が
ようやく完了しました。
実はこのチャランゴは某楽器店で展示中に唐突にブリッジが飛んで表面板の
ほとんどを破壊してしまったのです。
原因は弦高が高かったのと表面板が薄すぎたものと思われます。
表面板はもちろん取替、指板は削り込んでオリジナルより全体の弦高を下げて
ブリッジ飛びの可能性を低くするとともに、弾きやすさも向上しています。
修理前の音を聴く機会がなかったので、私が手を加えたことで音質がどんな風に
変わったのか判断できないのですが、繊細さと力強さを兼ね備えた「オロスコらしさ」は
失われてはいないように思います。

2008-02-14No(013).jpg2008-02-14No(012).jpg2008-02-14No(022).jpg

もし、ご希望の方がおられましたらお譲りいたしますのでご連絡下さい。
品質保証、アフターサービスはインティ工房で責任を持っていたします。
価格応談です。市販されているオロスコよりお安くなると思いますので
お買い得だと思います。(営業モード、すみません)

全長:64cm
弦長:37cm

材質
ボディ:タルコ
表面板:ドイツ松
指板:黒檀
ブリッジ:黒檀

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。