スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[演奏記録]杉・五兵衛 

11月15日金曜日は枚方の「杉・五兵衛」で演奏をしてきました。
2007-11-16No(028).jpg

古い農機具が異彩を放つテラスハウス。
天井にはぶどうがたくさん実っています。
2007-11-16No(032).jpg

レギュラー出演の品川明子さん (シンセサイザー、ピアノ弾き語り)
との共演もあり、楽しい夜を過ごすことができました。
2007-11-16No(058).jpg

演奏の後に地鶏鍋をいただきました。
もう感動的なおいしさです。
2007-11-16No(062).jpg

園主・五兵衛さんのお話をお伺いしたり、
「ロバ」にえさをやりに行ったりするうちに
夜はすっかり更けていたのでありました。

農園 杉・五兵衛
http://homepage1.nifty.com/sugigohei/index.html

スポンサーサイト

[楽器修理]金魚?チャランゴのピックガード 


ほぼ1年がかりでようやく愛ちゃんのカナタ修理が完了。
ピックガードはこれまた東急ハンズで入手した「金魚」柄のセルロイドを
貼ってみることにしました。
2007-11-16No(017).jpg2007-11-16No(001).jpg

大体の大きさに切り取った後、両面テープで仮止めし、カッターナイフで
切込みを入れます。力を入れずに軽くなぞる程度で充分です。
表面板を傷つけないように慎重に・・・。
2007-11-16No(019).jpg2007-11-16No(020).jpg

切込みを入れた部分を折り曲げると簡単に切れます。
2007-11-16No(021).jpg

下端は左右対称になるように2枚重ねてはさみで切ります。
ちょっと金魚の尻尾をイメージしてみました。
2007-11-16No(022).jpg

紙やすりで形を整えて切り口をなめらかにします。
2007-11-16No(023).jpg

両面テープは極薄0.1mmのものを使用します。
2007-11-16No(024).jpg

完成です。
2007-11-16No(026).jpg

2007-11-16No(027).jpg
ちょっと派手だけどなかなかいい感じ。
おじさんには似合わないけど若い女の子ならいいかな?

[楽器修理]チャランゴ?ビンディング取り付け 

ボリビアの有名な作者のチャランゴです。演奏者としても名高い人です。
表面板全壊のため取替です。オリジナルにあわせて「ドイツ松」を使用しました。
2007-11-13No(002).jpg

ドレメル395にStewart-MacDonaldのルーターベースとエッジガイドを
取り付けた状態。エッジガイドはチャランゴ用に改造しています。
2007-11-13No(003).jpg2007-11-13No(004).jpg

パーフリング(内側の飾り)は巾2.5mm×厚さ1.5mm
ビンディング(ローズウッド)は巾2.0mm×厚さ2.0mm
巾と深さを変えて2回に分けて彫り込みます。
2007-11-13No(005).jpg

作業完了後はこんな感じです。
2007-11-14No(001).jpg

しかし、チャランゴに「ドイツ松」や「アフリカ黒檀」を使うのは
どうなのかなぁ・・・という疑問がフツフツと沸いてまいります。

では、続きはまたの機会に・・・・。

ベネズエラのマラカス 

せっかくなのでF村君のコメント新記事にしました。
さすが研究に余念がないですね。(^_^)

**************************************************************************
おじゃまします。
マラカスのロール音について、わかりやすい資料動画がありましたので添付します。
http://www.youtube.com/watch?v=iy3PfJSQ4nI
見てるだけで手首がつりそうです。


これができると以下のようなこともできるかも・・・?
http://www.youtube.com/watch?v=mLTY19vvmRU
http://www.youtube.com/watch?v=5jggY5iHfsQ
**************************************************************************

情報どうもありがとう。
早くF村君のマラカスをメインにした曲をやりたいですね。

ベネズエラ音楽に適したマラカスというのはあるのでしょうか?
大きさや、形、あるいはメーカーとかご存知の方おられましたら
教えて下さい。

以前コメントいただいた「リムショット」さん。無視してしまってすみません。
実はベネズエラ人によるマラカスの講習会が東京であったのですが・・・。
このBlogごらんになっていたらインティ宛メール下さいませ。


それにしてもエレイレ・コン・ホタも、アンサンブル・グルフィーオも
なんで大阪に来てくれないのよ?
http://latina.blog78.fc2.com/blog-entry-212.html


 

[楽器修理]ブリッジ製作の新兵器 

プロクソンのクロステーブルです。
ハンドル廻すと縦横にスライドします。ちょっと玩具っぽい感じが
してどうかなと思ったのですが、精度も高く使い勝手も悪くないです。
位置決めがとっても楽になって作業効率がかなりアップしました。
チャランゴのブリッジを作るにはちょうどいい大きさです。
しかし相手は黒檀なのでなかなかサクサクとは行きませんが・・・。
2007-11-01No(001).jpg

ほぼ完成状態のブリッジです。さらに磨いてから塗装します。
2007-11-01No(003).jpg

お手持ちのチャランゴで修理したいけどブリッジがこわれてるとか
なくしてしてしまったという方がおられましたらご相談下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。